MENU
tk_main

保険診療と自費診療では歯の制作工程も違います。 適合の精度が高いので、詰め物と歯との間に隙間や段差が生じず、汚れが付着しにくく、歯が長持ちします。

保険診療と違い、自費診療では十分な時間と素材を使って歯科医師が持つ最大限の技術を発揮することができます。 時間をかけることによって再治療の必要性を限りなく抑え歯が長持ちする最先端の歯科治療が行えます。

レジン(保険素材)は性質上、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、見た目が劣化していくことになります。 それに対してセラミックの素材は、時間の経過とともに変色することはありません。

素材の種類

保険診療と自費診療での治療の違い

保険診療はいろいろな面で治療が制限されてしまいます。
自費診療の場合は海外で新しく導入された最新の技術や新薬治療を受けることができますが、保険診療の場合は限られた場合での治療となるため結果治療の幅も狭くなり、再発病の原因にもつながります。

 自費診療

保険診療

最新の治療が受けられる×
高性能の素材や薬を使える×
時間をかけて治療をする×
費用が安い×
どこの歯科でも同じ費用×

 

 

2017 © 佐伯歯科クリニック