MENU
p14_main

LAD(光殺菌)治療とは?

感染部分に光感受性物質を注入し、
光を照射することで殺菌する安全な治療法です。

医科では早期がんの治療法として

医科では1990年ごろから光やレーザーを用いて肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して治療行う光力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)という治療法があります。

歯科では殺菌治療法として

歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法としてLAD治療が急速に普及しています。
LADはLight Activated Disinfectionの略で、
日本語では「光殺菌」と訳され、光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する画期的な治療法です。

LAD(光殺菌)治療の特徴

耐性菌をつくらない

抗生物質による治療とは異なり、LAD治療は耐性菌をつくりません。

耐性菌にも効く

光感受性ジェルはあらゆる細菌の細胞壁や細胞膜に浸透します。
そのため、LAD治療ではすでに耐性化した細菌も殺菌可能です。

痛み、副作用がない

LAD治療は患部に光感受性ジェルを注入し、
LED照射を行うだけで治療中に痛みを伴いません。
また、副作用もありませんので繰り返し治療に利用できます。

CALL臨床使用機材:デンマークCMSデンタル社 FotoSan630

最先端の光殺菌装置は世界でまだ数社しか販売されていませんが、CALLが臨床で活用しているのは、
デンマークのCMSデンタル社のFotoSan630です。

LAD(光殺菌)装置 FotoSan630

電源
入力AC100-240V, 50/60Hz
出力DC5.0V, 1.0A
充電池
充電形式リン酸鉄リチウム電池
通常電圧3.2V
通常容量1,200mA
充電時間2時間
利用可能時間約760秒
ダイオード
出力強度2,000~4,000 mW/cm2
波長620~640nm(85%)ピーク 630 nm

上顎・下顎・部位を問わず照射できる機能的デザイン。
症状に合わせて選べる3種類の照射プログラム。
LED 照射+バイブレーションですみずみまで殺菌。

症状に合わせて選べる豊富な先端チップ。

エンドに適したさらさらのジェル、ペリオに適した中間のジェル、粘膜の殺菌に適したどろどろのジェルの3種類の粘稠度を持つ光感受性ジェル、FotoSanエージェント。

どのように効く?

・光感受性ジェルが細菌の細胞壁や細胞膜に特異的に浸透します。
・特定の波長の光が照射されると、 光感受性ジェルがエネルギーを受け取り「活性酸素」を大量に発生します。
・「活性酸素」が細菌の細胞壁や細胞膜を破壊し、高い殺菌効果を発揮します。

適応症

急性期

通常の治療の上にLAD(光殺菌)治療を行うと、「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。
これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、
個人差はありますが治癒期間の短縮、感染の再発防止に大きく貢献します。

常に使用

加えて、LAD(光殺菌)治療は予防にも有効です。ペリオやインプラントの定期健診、
矯正治療のメンテナンスの際に予防的治療としても効果を示します。

※その他、カリエス、歯冠周囲炎、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、真菌など

オペ動画

エンド

イタリアのDr. Cristiano BoggianによるLAD装置の紹介とエンド症例です。LADは最新の抗菌治療です。素早く、効果的で副作用がありません。あらゆる口腔内の感染、ペリオ、インプラント周囲炎、エンドに最重要アイテムとして活用できます。

エンド

ローマのSapienza 大学のGianluca Gambarini教授とDr.Gianluca PlotiniによるLADのライトが根管内でどう伝わるかを示すビデオです。青色の光感受性ジェルの充填の仕方、そのあとの赤色LADによる活性化を見ることができます。活性化により根管内の細菌が死滅します。この手法はLADと呼ばれ、歯科においてすごく効果的な感染コントロールです。この手法はエンドやペリオで用いられます。

ペリオ

歯周ポケットに注入した光感受性物質が細菌の細胞壁や細胞膜に特異的に浸透します。LADライトの照射により発生した活性酸素が細菌の細胞膜や細胞壁を選択的に破壊。

2017 © 佐伯歯科クリニック