MENU
micro_02

マイクロスコープとは?

マイクロスコープとは、歯科顕微鏡のことで、最大20倍程度まで患部を拡大して診ることができる装置です。
歯科治療は非常に細かい世界ですので、肉眼のみに頼って治療することは治療精度を下げることに繋がります。
昔から利用されてる拡大鏡としがって細かく治療することができ、見落とすことがなくなります。

マイクロスコープでの治療メリット

正確な治療

肉眼での治療では細部まで確認ができず、詰め物や被せ物をした際に少し隙間が残ることがあり、その隙間から虫歯が再発する可能性がまれにあります。
マイクロスコープを使用して治療をすることで、細部まで拡大をして確認ができ、正確な治療ができます。

精密治療が可能なマイクロスコープを使用して治療をしています。
小さな病変も見逃しません。

余分な歯を削らない

マイクロスコープで治療を行うと歯を削らなくてはいけない部分と、削ってはいけない部分を正確に確認することがでるので余分な歯を削らなくてすみます。
よって痛みも少なく早く治ることにつながります。

精密な治療

マイクロスコープは肉眼の20倍もの拡大率で治療ができます。
そのため被せ物などの精度も高められ、被せ物の際に歯を削る時や被せる時、接着する時などより精密な治療を行うことができ歯の寿命を延ばすことができます。
またこれまで治療をすることが難しいとされていた治療もマイクロスコープを使うことで可能になります。

CTスキャンとは?

3D、パノラマ、セファロ撮影を可能にするall-in-oneタイプのX線CTスキャン装置です。
ひとつの3Dセンサでパノラマと3D撮影が可能なスマート機能により、センサを付け替える必要がありません。
一度の撮影で取得したふたつのボリュームを垂直方向につなげるスティッチング機能により最大φ160mm×高さ160mmの広範囲のボリュームサイズを取得できるのでより高性能な治療とつながります。

CTスキャンのメリットとしては、通常のレントゲン写真と違い3次元での解析ができるるため、より正確に精密な診断が可能になります。
また、院内にCTスキャンがあることにより、撮影⇒解析⇒診断が格段に迅速になり、患者様の負担と初期診断が速くなり、治療がより円滑に行うことができます。
歯科用CTスキャンは、インプラント治療だけでなく歯周病、親知らずの抜歯、矯正歯科などすべての歯科治療において有効であります。

3Dデータで診断するメリット

歯の根っこの治療で何回か通院されていた患者さんのレントゲン写真です。
黄色の四角で囲んだ部分は炎症が起こっています。
歯の根っこの周囲には骨があり、症状は軽いものと思われました。根っこの治療を進めれば炎症が治まるものですが、いっこうに治まる兆しが見えません。

3D撮影をすることで、平面レントゲン写真では見つけることができない病巣を見つけ、早期治療に役立つ情報を得ることができます。

緑の断面部分を診断しています。 歯の根っこに注目してください。
青の断面部分を診断しています。
赤の断面部分を診断しています。
2017 © 佐伯歯科クリニック