MENU
p9_main

非結晶樹脂AIデンチャーとは

「変色しない」「折れない」「修理が出来る」
ノンクラスプトは針金がない入れ歯のことです。
入れ歯の針金みたいなところを専門用語で「クラスプ」と呼びます。
部分入れ歯にクラスプは必需品だったのだけれど、クラスプにはデメリットがあります。
・クラスプをひっかけている歯が悪くなりやすい。
・入れ歯が動くたびに、クラスプをかけている歯も動いてしまうので歯周病になりやすい。
などとさまざまです。
ではノンクラスプをする上で最も重要な要素とは何でしょう。
歯科材料として市場に出回っているノンクラスプの素材に強度耐久性が足りずそれを鵜呑みにして製作してしまい日本中でトラブルが頻発しているのが実態です。
適切な材料を選べていないばかりに世の中にはノンクラスプのトラブルが多発しています。
初歩的な問題として「アームが折れる」「変色する」「 設計を誤って作成されているため咬めない」など、いい材料が世の中に流通していれば防げる問題なのかも知れません。
しかし100%満足いく材料などありません。
今ある材料の長所、短所を知った上で適切な使用法と設計をすれば、患者さんの満足度も高い義歯になり得ると思っています。
今の現実として知らないと怖い、患者さんを減らしているノンクラスプの実態があります。
歯科大や開業している先生の歯科医院に破折したノンクラスプが数多く修理依頼が入る様になっています。
ここで重要なのは、作った先生のところに患者さんが修理に行っていないという事です。
つまり作った病院には何にも言わずによその病院を選んでいるのが実態です。
高額な自費の義歯が短期間で壊れてしまった事に信頼感を無くしているのが問題になっています。
その病院にいけば再製扱いになるとか、期間に応じて費用が発生するとか、手がかかる等の事由があります。
この件では再製を免れてはいますが、その病院に患者さんが戻る事はまず無いでしょう。

特に多いのが変色です。
樹脂が給水して劣化した為に表面が柔らかくなり爪でも引っ掻き傷が出来るほどです。
糖尿病患者が飲用する薬剤や、義歯洗浄剤により変色している義歯も多くあります。
今の歯科医院はコンビニより多く乱立しています。ここで問題を起こし患者さんを減らしては大きな負債を増やす事になりかねません。

ではどうしたら信用を得てカルテの数を増やせるのでしょう。
AI樹脂は史上最強、世界最強の国産樹脂です。この樹脂を使う事により多くのトラブルを回避出来ます。

AIが強い点

・疲労強度が強い
・経年変化による劣化が少ない(耐温水性が強い)
・軽量で装着感が良い
・吸水率が小さい
・耐加水分解性が強い
・耐熱性が高い
・製品の透明度が高い

キッチンハイターに6ヶ月漬けている症例写真
キッチンハイターに6ヶ月漬けている症例写真

AIの長所 対薬品性

・キッチンハイターに6ヶ月浸けても変色しない
・レジン歯は塩素で漂白されてます
・耐劣化性に優れている

キッチンハイターに6ヶ月漬けてたデンチャーの症例写真
キッチンハイターに6ヶ月漬けてたデンチャーの症例写真

沸騰消毒可能なAIデンチャー

毎日熱湯で消毒することで、綺麗な入れ歯をご使用できます。
2017 © 佐伯歯科クリニック